Spacer

Mesh Coffee

2015年、まだスペシャルティコーヒーの文化基盤がないソウル市内の東部エリアで誕生した小さな自家焙煎コーヒー店・Mesh Coffee(以下、メッシュコーヒー)。Coffee Libreの創業者・ピル氏が淹れたコーヒーを飲んだのを機に、コーヒーのフェアトレード会社を退職し、準備期間を経て、メッシュコーヒーを立ち上げた共同代表のキム・ヒュンソプさん、キム・キフンさんに話を聞いた。 コーヒーを飲むために来る店に 店内には椅子がないメッシュコーヒーの外には、大衆居酒屋にあるような黄色いプラスチックケースに板を貼り付けた手作りの椅子が並んでいる。これに限らず、店内の家具もすべて手作りなのは、こだわっているからではなく、「単にお金がないから」だ。だが、笑いながらそう語る彼らに悲壮感はなく、むしろ誇らしげでさえある。共同代表のヒュンソプはこう語る。 「2015年の創業以来、私たちは地元の人たちの店であることを目指してきました。私たちは代々木公園のような大きな公園の近くで営業しているので、公園を訪れた人たちや近くの会社で働くビジネスパーソン、レストランのオーナーなど、いろんな層の人たちが訪れます。 一般的に韓国のカフェは、『コミュニケーションの場』という要素が強く、おいしい飲み物やいいコーヒーを体...

Find Roasters!

Encuentre un tostador cerca de usted.