Spacer

LEAVES COFFEE ROASTERS

「町のロースタリーから世界へ」をコンセプトに掲げ、東京の下町情緒ただようエリアにコーヒースタンドと焙煎所を構えるLEAVES COFFEE ROASTERS。元プロボクサーである店主の石井康雄さんは、7店舗の飲食店経営を経て、コーヒー一本にエネルギーを集中。焙煎士の世界チャンピオン、そして100年続くブランドづくりを目指す石井さんに話をうかがった。※文中敬称略 夢がなければ生きていけない ところどころ油が染みついている白タイルの壁に、昭和の個人商店の面影を残すシャッター、レンガ造りの外壁……。かつて魚屋や肉屋として活かされていた空間を下地にしたシンプルな店舗デザインには、店主である石井の”引き算の美学”が映し出されている。 そんなLEAVES COFFEE ROASTERSの店内でひときわ存在感を放っているのが、2台の焙煎機である。とりわけ奥に鎮座したプロバットU-15(1950年代製)の貫禄は圧倒的だ。約15坪の空間とは不釣り合いなこの焙煎機にこそ、石井の壮大な夢が詰まっている。 「『町のロースタリーから世界へ』というコンセプトにも示している通り、地元に愛されながらも、世界から注目される存在になることで、100年以上続くブランドにしたいんです。僕が今、焙煎技術の世界チャンピオンを目...

LEAVES COFFEE ROASTERS

Find Roasters!

Encuentre un tostador cerca de usted.